FC2ブログ

新婚旅行の費用

※この記事は別ブログに2012年08月04日 03:09に書かれた記事を移したものになりますので時系列的におかしな表現がある可能性があります。


結婚式が終わったら新婚旅行。

結婚という人生のイベントを皮切りに激動のイベントラッシュが始まりますね。

私も例に漏れず、結婚式が終わって半月後、嫁と共にヨーロッパ方面へと旅立ちました。



※実はこの時すでに嫁さん妊娠しておりました…(汗



入籍は結婚式の2ヶ月前にしていたので一応は順番通りなんですけどねw

結婚式の時にはもうウチの可愛い娘はおなかの中にいた計算です。



で、その新婚旅行。

イタリア・フランス1週間の旅。

これは私の嫁さんがこの時のだめカンタービレにはまっており、「パリに行きたい!」と言い出したことによります。

実は私はフェラーリの生まれたイタリアを前々から熱望。

じゃあ間とって両方いくか、って事になったわけです。



しかしイタリアとフランス。

もちろん両方行くとお高いんでしょ?との声が聞こえてきそう。

まあ、そうです。

高いツアーで行けば2人で100万くらいはするでしょう。

土産代とか、その他諸々含めれば150万くらいは軽いのでは??



でも私が選んだツアーは燃料サーチャージ込みで二人で36万というツアー。

私は愛知県在住なので中部国際空港から出る便を利用するツアーが便利は便利なのですが、

サーチャージ別、更に二人で42万という費用…。

その当時のサーチャージの相場が一人当たり2万~3万だったので、2.5万と見積もると

お二人様47万円のツアーです。

差額11万…。

そこで私は成田発のツアーに目をつけ、金券ショップで東京行きの新幹線チケット(指定席)を往復で購入し二人で42000円。

ツアーの集合時刻が朝9時のため、当日どれだけ早起きしても愛知からでは間に合わないので、止むを得ず成田空港の近くにビジネスホテルを借りて二人で6000円。

ほかに成田エクスプレスとかの運賃を考慮しても往復7万でおつりがくる程度に収めたので

中部国際空港から出るツアーよりも4万は安く済んだ計算です。



ただ、値段が安いのでやっぱりエコノミークラスです。

相当に窮屈だし、疲れますがそれはやっぱりお金を取らないと。

ちなみに高いツアーは向こうでの食事が全て指定されており、それが料金に含まれていますが、

私が選んだツアーは4食程、各自自由に済ませてください的なものがありました。

もちろん自分で予算を立てれるのでかなり安く済みます。

向こうの食事は量からしたら値段は安いほうですからね。

ただ口には合わないですがw

日本人がやってる日本食屋を海外で探して食べていたほどですw



あと、土産ですが、みんなに渡すお菓子等は日本で通販にて購入して旅行後に届くように指定しておいたほうが安上がりです。

何せ荷物が多くなったら追加料金取られますからね…。

自分たちの買うものはなるべく向こうでしか買えないものがベストです。

私の場合、日本未発売のディーゼルの時計(299€)、フェラーリのジャージ(180€くらい)。

嫁には日本での取り扱い無しのビビアンのバッグ(599€)を購入。

海外は日本で買うよりもブランドが安いと評判ですが、ブランドでなくとも免税は効きます。

だとすると、一定の金額を超えれば免税率は同じなので「同じものが日本で買える物」よりも、

「日本で売っていないもの」を買ったほうが日本での価値は高くなります。

当然オークションに出せば購入金額を上回る価値がつきます。



日本未発売のレゴなどが3倍の値段で売れる、そんな感じですね。

どうせ海外から持ち帰るなら、より価値の高いものを持ち帰りたいものですからね。

まぁ私の場合は趣味のものなので絶対に売りはしませんが、

それでもフェラーリのジャージなどは日本で同じものを着ている人が皆無なので

所有している満足感は相当に大きいです。



あ、ちなみに安いツアーは自由時間が多いのですが、オプショナルツアー等を追加すると高くなるので、

自由時間のまま好きなことをするのもありだと思います。

パリやローマの町並みをぶらぶらお店巡り等するだけでも楽しいですよ。

向こうで普通に生活したらどうなのか?ってのを感じられます。

日本とは違う風景も見れますしね。





以上、新婚旅行のお話でしたw
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

yuki

Author:yuki
多趣味な管理人が適当に気になる事を綴っていくまとまりのないブログです。
ジャンル問わず相互リンク募集中です♪

来訪者数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR