FC2ブログ

Z32 K-sport対向8ポッドキャリパー ブレーキパッド交換

車検通す前に効きの悪くなってきたブレーキパッド交換を行いました。

うちのZ32についている8ポッドキャリパー+330φブレーキローターキットはK-sport製で、
その昔ヤフオクに円高差益還元セールと称し出品されていた新品を即決の14万で購入したものです。

純正のキャリパー+ローターと比べると物凄く効きます。
純正でもローターとパッドを両方新品に変えたときの効きには驚きましたが、比較にならないくらいに制動距離は短くなります。
(※ちなみにブレーキ関係のメンテや交換をしていないZ32はNAだろうがターボだろうが本気で止まらないです…。)

このキャリパーのデメリットは、パッドを扱っているところが少ないところくらいです。
その昔、一番安価な材質の専用パッドは15000円で買えたんですが、今回は20,000円での購入。
発注してから作るので仕方がないとは思いますが、それにしても高い…。
購入してパッドが到着後には再度値段があがっており、23,000円に!!維持がキツイですw

ちなみに摩材の型さえ取っておけば大抵のブレーキパッドメーカーは特注に応じてくれますが、
やりとりが面倒なので、K-sportキャリパーの専用パッドを扱っている、

RDMWさん http://www.rdmw.com/

にお願いしました。

うちのZ32についているK-sportキャリパーは初期のものでしたが、問題なく発注には応じて貰えました。
対応も早く、到着まで数週間と言われていましたが、一週間経たずに届きました♪

IMG_2029.jpg
到着したパッド。今まで使っていたものと違い、全面オレンジ。摩材の側面もオレンジでカッコいい!
というわけでブレーキパッド交換を1万程度かけて依頼するのはもったいないので自分で交換します。

IMG_2025.jpg
まずはジャッキアップしてホイールを外します。

IMG_2026.jpg
パッドを抑えている金属プレートを固定しているボルトを2本外します。
片押しも対抗ポッドも基本的には作業は変わらないと思います。
金属プレートを抑えてないとボルト抜いた時に飛んでいくので注意!

IMG_2027.jpg
ブレーキマスターシリンダーのタンクの蓋を開けておきます。
でないとピストンがうまく戻りません。

パッドをつけたままウォーターポンププライヤーで片側4ポッドを押し戻し、ある程度戻ったら
パッドを抜き、ピストンを1個ずつ押し戻します。戻せたら新品のパッドを入れておきます。
8ポッドキャリパーはフルード量が純正のキャリパーに対して多く、パッドが摩耗してくると
純正のブレーキマスターシリンダー内のフルードがブレーキラインにすべて出払ってしまいフルード不足の警告が出るので
足す必要がありますが、押し戻した際には足した分も含めてタンクに戻りますので溢れます。
こまめに確認し、スポイト等で抜きつつ押し戻していきます。

片側ができたら、もう片側の4ポッドをパッドごとウォーターポンププライヤーで押し戻し、
ある程度戻ったらパッドを抜き取りピストンを1個ずつ押し戻して、新品のパッドを入れて金属プレート、
ボルトを元通りに組み立てます。

IMG_2031.jpg
ちなみに新品と摩耗したパッドの比較です。ペラペラな上、均等な減り方をしていないので効きが悪くなっていました。

IMG_2033.jpg
組み立てたらブレーキマスターシリンダーのタンクの蓋をしっかり閉めて、
スカスカになったブレーキペダルを、踏んでる感が出るまで何度も踏みます。
普段運転している感覚の踏み心地になればOK。

ブレーキ関係の交換なので万が一止まらない事があってはヤバいのでゆっくりとテスト走行をしてブレーキの効きを試します。

走行時「シャッシャッシャ…」制動時「ゴゴ…ゴ…ゴリゴリ」

ブレーキはめちゃくちゃ効くがヤバい音がするぞ…、これは100%取付ミスだ……。
再度バラしてみたらローターの内側に当たるパッドの向きが逆でした…。
早めに気付いたので正常な向きに直して終了。
何度もやっている作業なのにこういう凡ミスがあります。なのでくれぐれもテスト走行時は慎重にww

IMG_2347.jpg
ちなみに交換後はこんな感じの厚みになりました。
制動距離が大幅に短くなり大満足です。
スポンサーサイト



Z32の燃調不良発生

久しぶりにブログを書きます。

最近いろいろと仕事だったり、プライベートだったりが忙しく、
なかなか車に構っている時間がありませんでした…(T_T)

オトナになるってかなしいことなの…(バハムートラグーン風)

最近まだ乗っていたのかと驚かれるZ32の、8度目の車検を通しました。

自慢のAb-flugワンオフデュアルステンマフラー
平成28年以降生産の車両に対する音量規制でそれ以前の車も検査が厳しくなるから、
2022年までを目途に直してね…と言われる始末。

18年経過なので自動車税15%増の58600円!!
重量税1.53倍の50400円!!
税金は高いわ、燃費は悪いわ(2~3km/L)、燃料は高いわ、法改正して雁字搦めにするわで
まったく日本は古い車に優しくない国です。

プリウスやらアクアやらノートやらの税金を減税とかせずに満額にした方がよっぽど税収増えると思うんですが…。
ここら辺は環境との兼ね合いもあると思いますが、古い車はそもそも乗る人も少なく、維持できる人が少数派なので
もっと多くの人から取れる方法で税金を取ってほしいものです。

まあ愚痴はこの程度にしておいて、
今回の車検ついでに愛車Zのタイベルカバーの右バンクのテンショナースプリングとOリングを整備工場で交換して貰いました。
右タイベルカバー内からカラカラ音がし始めたので、これが原因である可能性があるという情報を得て、
部品も安価だし作業も簡単なので面倒くさがって頼んじゃいました。

さて、その交換作業から帰ってきたZ。
アクセルを踏み込んで加速すると「ボッドッボッボボッ…」と激しい息つきをする症状に(T_T)
4000回転以上回すと息つきが激しすぎてタコメーターが踊りまくり!
パンッ!!ポーンッ!!ボゴッ!!パン!パンッ!!ポーン!!!
などとアフターファイヤーの音がやりすぎなくらい鳴り響く!!

これがミスファイヤリングシステムか…うちのZも成長したなあ。

なんて言ってられないほどエンジン停止して被って始動しなくなったり、
加速不良が激しかったりするので原因調査。

とりあえず右タイベルカバー周り。

IMG_2346.jpg

まずこのスロットルボデーにつながっている黒いホースが抜けてた。
修理工場が作業でインテークパイプを外す際に一緒に外して差し込み忘れと思われる。症状は改善せず。

IMG_2345.jpg

次にスロットルポジションセンサー。
コネクタ、ハーネスの接触不良や本体の故障でアイドリングや加速不良が発生すると評判。
ハーネスは対策品なのでコネクタを抜き差しするも症状改善なし。
センサー自体は通常時0.5V、全開時4.0Vの数字を吐き出しているので動作も問題なし。
過去のピーク値は4.98Vが記録されてるけど現状は問題ないので問題なし。

IMG_2342.jpg

ヤバい、こいつ怪しいわ…
クランク角センサー。
燃調の要。
壊れると加速不良、アイドリング不良、エンジン停止といった症状が出る非常に厄介な奴。
何より、このセンサーの右側についているコネクタを外さないと、右タイベルカバーが外せない仕様。

とは言ってもクランク角センサー自体はそこまで壊れる部品でもなく(ニクイね、三菱!※Z32のクラセンは三菱製)、
不良のほとんどは経年劣化による端子の劣化(青錆、痩せ等による通電不良)だと思われる。

IMG_2343.jpg

とりあえず端子を確認するためにコネクタを抜く必要があるが、
Z32は非常にギッチリとエンジンルーム内が詰まっており、そもそもコネクタに手が届きにくく、
さらには画像にある抜け防止のコの字のピンが邪魔をして楽に抜かせてはくれない。
だがインテークパイプを外すのも面倒臭いので…

①マイナスの精密ドライバーで上側の矢印のピンを浮かせて、ピン先がコネクタを抱き込まない所まで奥に押しておく。
 これで上側のピンのロックは外れた状態を維持できる。

②インテークパイプの間から右手を入れてコネクタを引き抜く方向に引っ張りながら、
 左手に持ったマイナスの精密ドライバーで下側矢印のピンのコネクタを抱き込んでる部分を下に強く押し下げる。

という手順で外しました。

確認したところ、やはりクラセン側の端子が変色しているのが見えた為、接点復活剤を吹き付けて
数十回抜き差しを行い、再度接続しピンを戻してロック。

試しにアクセルを踏み込んでみたところ、7000prmまで気持ちよく回るようになりました。
もちろんミスファイヤーも一切起こりません。

古い車なのでやはり端子の劣化等は見えないところで進行していますね…。
センサーの故障が多いといわれるZ32ですが、うちのZはセンサー自体の故障は今までに一度もないので
もしかするとそういったセンサーの故障と判断されているものに関しても端子部の不具合が少なからずあるのかもしれません。


とりあえず一件落着。
あとはマフラーの音量をどうするかです(T_T)
プロフィール

yuki

Author:yuki
多趣味な管理人が適当に気になる事を綴っていくまとまりのないブログです。
ジャンル問わず相互リンク募集中です♪

来訪者数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR