FC2ブログ

クルージングスポーツというコンセプト

クルージングスポーツ=Cruising Sports=CS

グレードにこのCSという文字を用いた車がある。

アスラファ

ホンダから過去に発売され、珍しい直列5気筒を搭載したセダン、
アスコット/ラファーガがそれだ。

エンジンをフロントミッドに配置し、ハンドリングマシンとしての性能を抑えている。
そんな車に後に設定されたのが2.0CSというグレードだった。

アスラファ2

このグレードのみに採用となった大型リアスポイラーに17インチタイヤ。
そしてBMWのような外観のデザインと、限界まで固められたサスペンション。
この車が「隠れタイプR」と呼ばれる理由である。

そして何よりも、この車が搭載する直列5気筒エンジンはエンジンフィールが驚く程に気持ちいい。
この頃既にVTECエンジンが世に送り出されていたが、それと比べて遜色ない程にしっかりと作られている。
踏めば気持ち良く加速する。
出力こそ160馬力と控えめではあるが、2000ccのNAとしては十分で、MTの設定もある事から本当に楽しい車に仕上がっている。(S2000は別格である。)

バブル崩壊後の発売だったため、販売台数が伸びずに生産中止となってしまったアスコット/ラファーガは既に希少車の扱いになってしまった。
中古車情報サイトを覗いてみても、在庫は全国で常に0か1台。
乗っている人間が手放さないからだ。
見た目は大人しいが乗っていて気持ちいいと思える車。これは本当に走りが好きだけど、周りの目も気になる人にとっては絶妙な車だと思う。

ちなみに同車の最上級グレードに設定されたアスコット/ラファーガ2.5Sは
5ナンバーサイズながら2000cc直列5気筒G25A型エンジンを搭載し、180馬力を発生。
残念ながらATの設定しかないが、それでも十分すぎる走行性能を備えている。

何を隠そう、このアスコット2.5Sは私の通勤車である。
既に21万キロを走破(2011年12月14日現在)した車体であるが、思いの他トラブルも少なく未だに楽しい走りを提供してくれている。
これがMTならば、もっと楽しい車であった事は言うまでもないだろう。
スポンサーサイト



プロフィール

yuki

Author:yuki
多趣味な管理人が適当に気になる事を綴っていくまとまりのないブログです。
ジャンル問わず相互リンク募集中です♪

来訪者数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR