FC2ブログ

子供の自転車の練習

最近、娘が小学校に上がるので、自転車の練習をさせています。

自分の時はとにかく乗ってコケまくって怖い思いをして習得した覚えがあるのですが、
しっかりと教えて貰ったって記憶はありません。

自分が自転車に乗れるようになったのは小学校2年生の時なのですが、それまで友達と遊ぶ際も走って友達の自転車の後を付いていっていており、非常に惨めな思いをしましたw
そんな思いを自分の娘にもさせるわけにはいきません。

誰でもそうですが、いきなり「乗れ」だと非常に不安があります。
補助輪が付いている自転車に乗っていると、
補助輪に頼って常に自転車を片側に傾ける運転をしてしまうので補助輪が取れた時にバランスもとれないし、
体重移動やハンドル操作も補助輪無しの自転車と比べると全然違ったものになってしまう為、
補助輪自体を長く使用する事はいいことだとは思えません。

というわけで、楽に乗れるようになるプランを考えました。
こうしたら少しは感覚が身に付くんじゃないかな?という即興プランですw

①自転車の横に立って、ハンドルをもって自転車を真っすぐにして引く練習。
②自転車の横に立って、ハンドルをもって自転車の向きを変える練習。
 右に曲がるときには自転車を右に倒し、左に曲がるときには自転車を左に倒すことを徹底させる。

③自転車にまたがって、足で地面を蹴って真っすぐ、右回り、左回りをする練習。
 この際、右回りの場合は右足を地面に付いて蹴る、左回りの場合は左足を地面に付いて蹴る、を徹底させる。
 ※本来自転車が傾いていない側の足を地面に付くことはあり得ない為。

④ ③までが上手くなったら、いよいよ走り出し方を教える。
 利き足側のペダルを漕ぎ始める側に設定し、ペダルの位置を前上方45度に。
 体重をかけてペダルを踏むと同時に、逆の足で地面を蹴り、ハンドルを力強く両手で握りながら押す。

⑤上手く走り出しができるようになったら後はサドルの後ろを手で持ってあげて
 そのまま思い切りペダルを漕がせて真っすぐに走らせる。(勢いがないと倒れるので思い切り。)
 最初のうちは強めに力を入れて支えてあげて、慣れてきたら徐々に力を緩めて最終的に添えるだけにしていく。

⑥あとは手を離すと…ふら付きはするものの、ある程度真っすぐに走れるようになっている。※ただし、そこまで慣れていないので見ていないと電柱等にぶつかるので注意!
⑦最後に、自分で曲がる練習をさせる。


……
………………

なんという完璧なプランだ!!
①②③でバランス感覚と体重移動の基本を身に付けさせ、
④で走り出し方を身に付け、
⑤で真っすぐ走る方法を身に付けさせつつ不安感を拭い去り、
⑥で自分で自転車に乗れる楽しさを感じさせ、
⑦で自分で覚えたという達成感を感じさせ自在に運転できるようにする。

我ながら自画自賛してしまう程です!

なんていいながら、実際に実行してみて乗れませんでした、
企画倒れです、となったらただの恥ずかしいヤツです…。

そうならない事を祈りながら…このプランを実行!
※ちゃんとヘルメットはサイズの合うものを買って被らせてあげましょう。

すると…

chariren.jpg
1時間もしないうちに手を放しても5秒程度は乗れるようになりました。
2日目には漕ぎ出しから一人で真っすぐ走る事はできるように。
3日目にはある程度自分で曲がる事が出来るようになりました。


大体1日1時間程度の練習です。
自転車に乗る事は楽しいと言っているので何よりです。
マイプランは大成功のようです。

待てよ…
世間の忙しいお父さんお母さんの代わりに
お子様に自転車の乗り方を教えます!
成果報酬型で1人1万円!

って商売やったら儲かるんじゃないか!?

な~んてことを思いついちゃうのは根が商売人なんですかねw
スポンサーサイト



娘の自転車のベル

そろそろ娘にも自転車の練習をさせないと…と思い、
補助輪を外してスタンドを取り付け、
ヘルメットを新調。

ついでにベルが下に弾くタイプだったのですが、
なんとも脆い作りでポッキリ逝っちゃってたのでこの機会に
娘が「これがいい!」といったベルも購入し、取り付ける事になりました。

ちなみに税込み430円。高すぎます。
100円均一でも手に入りそうなものですが…。

購入後、帰宅し早速取り付けようとしたところ、
ハンドルのパイプの径が合わない…。
や…やってしまった…!!

こんなベル如き全て統一規格でサイズ調整が利くものだと思いきや、
子供用自転車のハンドルのパイプが細すぎて、ネジを締めても固定されない!!
ベルがクルっと回って下向きますw

コイツはマズイ…。
が、もう封切っちゃったし、返品も無理だろうと考え、
工具箱の中にあったフューエルホースの余りで対策する事に。

starflex_fuel6_1.jpg
赤い点線で輪切りに切った後、黄色い点線でカットします。
ホースが断面から見た時にCの字になるようにして、
これをハンドルのパイプに予め巻いた上でそこにベルを取り付けます。

IMG_4848.jpg
取り付けたベルをサイドから見るとこんな感じ。
見事にフューエルホースがハンドルのパイプとベルの固定部分との隙間を埋めています。

これにより無事キッチリ固定する事ができました。
持っててよかった燃料ホース。
ない人は家にある普通の水道蛇口用ホースでも代用は効くと思います。

娘の自転車のグリップ交換

娘の自転車のグリップが大変な事になっています。
もうすぐ小学生なので、そろそろ自転車に乗れるように練習させようと思い、
ハンドルを見るとベタベタ状態。
どうやら外保管だと加水分解を起こしてベタベタになりやすいようです。

IMG_4592.jpgIMG_4593.jpg
左右のグリップの状態。
見事にベタベタです。しかも、風で飛んできて付着したのかは分かりませんが、草の切れ端と同化しつつあります。

この程度の症状で新しい自転車を買うなど言語道断です。
IMG_4594.jpg
近くのディスカウントストアでこんなものを購入しました。
幼児用自転車のグリップ。\498。修理頼んだり、呼び出されたりもありそうですので早速購入。

IMG_4596.jpg
早速交換します。
グリップにカッターで切り込みを入れます。
この時、グリップ中の金属まで刃の先が届くように深く切り込みを入れます。

それだけだと除去できないので、サイドから見た時に開いている穴までカットしてください。
IMG_4599.jpg

カッターが内側のパイプまで届いていれば、
IMG_4600.jpg
こんな感じで軽く剥がせます。

IMG_4601.jpg
後は新しいグリップを取り付けます。

IMG_4602.jpg
とりあえず先をはめてから出来る限り押し込みます。
しかし、これだとなかなか最後まで入りません。

IMG_4606.jpg
というわけでゴムハンマーで叩きます。
片側が完全に入ったらもう一方も同じ手順で交換します。

IMG_4609.jpg
ベタベタで火傷みたいになっていたグリップが復活しました。
ついでに補助輪取って、代わりにスタンドを付けて自転車の練習がしやすいようにしておきました。
娘が早めに自転車に乗れるようになるといいなぁ。

折り畳み自転車の整備

我が家の折り畳み自転車。

実はすべて貰いものなんです。
なので最初からいろいろと調子が悪く、変則するといきなりチェーンのかみ合わせが悪くて
カコンッとチェーンがギアの歯を飛ばして股間を打つ事も多々ありました。

私は思いました。もしかしてダメなヤツ貰っちゃったかな?と。

というわけでまともに乗れるように整備しました。

ウチの折り畳み自転車初号機。
IMG_3110.jpg
妻の弟から譲りうけたものですが、チェーンが固着してガコッとかみ合わせが飛んで股間を打つ事多数。
低速ギアはガチャガチャと3つに1つくらいしか歯車とチェーンがかみ合っていないのではないかというような異常音がしていました。

変速機はシマノ6段、試しに回転してみるとサビが多く、きれいにカーブを描かない事が判明。
張ってもまっすぐにならず妙に凸っているところがある。
IMG_3111.jpg
この凸っている部分がディレイラーに差し掛かるとうまく歯車でチェーンを送り出せずにディレイラーが本来の動作をできず
いきなり歯が飛んだようにガコっとなるようです。

というわけでクレ製品でさび落としとグリスアップを実施。
さび落としを吹きかけながらペダルを回してワイヤーブラシで豪快にサビを落とします。
固着して凸っているところは556を吹きかけてプライヤーで挟んで可動するようになるまでグリグリと動かします。
暫くするとチェーンの軸に入り込んでいたサビが落ちて動きが軽くなりました。
実際に乗ってみてチェーンの歯とかみ合わないような動作不良もなくなりました。

こっちは弐号機。
IMG_3109.jpg
これも貰い物。サドル部分が加水分解を起こして末期でしたのでそこだけ調達して交換しました。
1000円くらいから買えますので本体ごと買い替えるよりよほど経済的です。
こうしてまともに乗れる状態に復活させてみると結構スタイリッシュでかっこいいです。

IMG_3106.jpg
Z32やパジェロミニと並べると、趣味に生きてるオジサンが住んでるっぽくて結構いい感じですよね。

まだ35歳なのでオジサンとは呼ばれたくはないですが。甥姪がいるのでおじさんには変わりないけど。
プロフィール

yuki

Author:yuki
多趣味な管理人が適当に気になる事を綴っていくまとまりのないブログです。
ジャンル問わず相互リンク募集中です♪

来訪者数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR