メルカリの着眼点

最近何かと話題のメルカリ

こういうのもなんですが、ネットリテラシーの低い人の使用比率が結構高く、
礼儀だとかそういった人と人との繋がり的なものをないがしろにして自分の利益しか求めないような、
人としてどうなの?といった人の使用率はヤフオクの数倍は高いと思います。

今はLANケーブルを挿せば誰でも簡単にネットに繋げる時代、スマートフォンなら常にインターネットに接続できる状態で、
56kbpsモデム電話回線テレホーダイ契約を組み合わせて
繋がるだの繋がらなくなっただの言いながら毎夜毎夜夜10時から朝8時までの間、
ネットにつなげる時間を1秒でも長く取っていろいろな知識を吸収していた、言わば玄人専用のようなネットの時代は
終わったので当たり前といえば当たり前なんですけどね。

でもそんな中でも、コンプライアンス的な面は追いとくとして、

着眼点としては鋭く、お金を稼ぐ能力がある人間だと、関心する出品物がある。

まず、「現金」の出品。
現行通貨で通し番も特にキリのいい数字でもないのにこんなもん出品してどうすんだ?と思いがちだが、
手元に現金がない人間がクレジットカードを利用して現金が欲しい時
(慶弔等に必要なお金や、現金払いしかできない物品の購入など?)に買うようだ。

簡単に言ってしまえば、昔電柱に貼ってあったクレジットカードのショッピング枠の現金化みたいなものです。

現金30000円39000円で買ってる人がいる事実。

クレジットカードの支払いがいつかは知らないけど、2ヵ月後の引き落としとしたら、
これもう法定利率29%を余裕で超えて180%行ってますから…。

おとなしくサラ金で借りたほうがマシ。
どうせ銀行の営業日以外には振り込まれないのだから、サラ金でも一緒で、むしろ利率は安いくらい。
まあ、利用する人はサラ金でも借りれないような×付きな人か、犯罪で稼いだ金の足がつかないように
少々の手数料を払っても資金洗浄したいような人しかいなさそうですが。

で、これがめでたくメルカリで取引禁止になると、今度は、

「suica30000円チャージ済み」を出品。
これ意味としては一緒なので、おいっ!?と突っ込みたくなりますね。suicaの払い戻しで現金を得る手法ですが、
これを購入する人も一生金持ちにはなれないと思います。
後先考えずにお金を使ってる証拠ですから。
これも例の如く資金洗浄に使われる恐れがあります。

それも駄目といわれれば、今度は「領収証」を出品する。
一見ただのレシートでごみと思いがちですが、
自営業者にとっては経費をごまかして懐に現金を隠すための道具になります。
まあ事業所の近場のレシートでなければ明らかに怪しいのでまず要らないでしょうけど。
高い金を出してこんなものを買わなくても、手書きの領収証であればいくらでも誤魔化せます。
これはちょっと間抜けな気がしました。
着眼点は悪くないけど、上の2つに比べると数段利用の幅が狭い。

究極はやはり「妊娠米」だと思います。
妊娠している人から妊娠菌が出ているので、
その菌を米につけて送ります。
妊娠しやすくなるかもしれません。

なんてことを平然と説明文にかいて、ただの米1合を500円で売る。
しかも下手糞な謎の鳥と富士山みたいな絵(一富士二鷹三なすびじゃあるまいし…)をつけて
売ってる出品者もおり、実際には出品者は妊娠すらしていないという嘘八百な出品物。

本当に0.1%の可能性にも賭けたいと考える、不妊治療を受けているような方々を食い物にするような
最悪の出品物で、雰囲気としては霊感商法に似ています。
まず普通に考えたら妊娠菌なんて存在しないことは誰にでもわかるし、そんなものがあるのなら、
培養して不妊治療に使われてるはず。

騙されるほうも無知なのはいけませんが、騙す方は幼稚なことこの上ないです。
商売としての着眼点はいいとこ突いてると思いますが、モラル的によくない。現実には誰も喜ばないし。
これって、車の燃料ホースにつけるマグネットで燃費よくなるよーってのと一緒で、
検証に基づくデータも、根拠もない言わば詐欺商品

ネタとして浮かぶことはあっても、よく本当に出品するなー、と良くない意味で関心します。
行動力があることは認められますが、直ぐ沈む人間の典型的な例かと思います。
言っちゃ悪いけど、出品者は友達もいなさそう。化粧品を友人に勧めて買わせてバックマージンもらう人みたいな・・・。

こんなものを平然と売っている人が増えている事もネットに対するリテラシーの低い素人が
たくさん溢れている事を物語っています。

是非義務教育のうちにネット上のマナーやモラルを身につけさせる事をカリキュラムに組み込んで欲しいですね。
今回はメルカリのお話でした。
スポンサーサイト

馬力=速いではない。

またまたしばらく更新をサボっていました。

最近冗談じゃないくらい仕事の方が忙しくて…。

法律では過労死ラインを最大1ヶ月100時間未満、2ヶ月平均80時間未満まで認められているとのことですが、
何のことでしょうといった感じ…。

私もつい半年くらい前に昇格してそこから怒涛の残業&公休買取ラッシュで毎月残業96時間…。

何だか知らない間に給料はひと月80万を超えた月もあります。手取りで55万~67万位。
このままいくと年収は1000万位行くのか??

その代わり激重い責任という重圧の下、毎日ストレッサーに取り付かれながら白髪が目に見えて増えるくらい
嫌な気持ちになりながら仕事していますが…。
仕事のない日でも携帯に連絡が来るのがストレス以外の何者でもなく、休んだ気がしません。

幸い年収増えても金銭感覚がそこいらの似非セレブのようにいかにもな感じにならないのが
自分としてはきちんと抑制できていて良いと思っています。
節約面は変わりなく。育った環境は根強いって言いますし。

で、現在買った家から離れた場所で勤務しており、会社が部屋を無償で支給してくれたので、
少ない休みのみ自宅へ帰って、それ以外は支給された部屋にすんでいるわけですが…。

自宅からその勤務地の部屋まで、片道距離60km、往復120kmあるので、Zで通勤する訳にはいきません。
私のZ32は2km/Lしか走らない大飯喰らいですから。自宅との1往復+部屋から職場までの通勤で
ガソリン代1万がパーです。

そこで今活躍しているのが、ホンダの誇る軽自動車、トゥデイ Xi。
軽自動車ながら、自然吸気に3連スロットルを搭載したMTRECエンジンを搭載した、非常に楽しいマシンなんです。
見た目はただのちっちゃなお買い物カーなんですが。

ちなみにこのエンジンを搭載しているトゥデイは最上級グレードで、前期型がトランクタイプのXi、
後期型がハッチバックタイプのRsというグレードになっています。

一例として挙げますが、こんな感じの車。↓
MTREC1

見た目普通の軽自動車です。馬力も現在の軽自動車の最大馬力である64psを余裕で下回ります。
でも実はこの車。物凄く軽量で、物凄く重心が低い。
そりゃ直線の速さだけで言ったらワゴンRのターボの方が速いです。
だって新しい規格のエンジンで、さらにターボついてるし。しかも誰が運転してもある程度速い。ATで乗り手も選ばない。
どんな下手糞でもアクセル踏めば走ってくれるのが現代の車のすごいところ。
だから直線で踏んで「俺は速いぜ」的な勘違いをしてしまうのも分かる。
分かるのだが、直線で速いだけならうちのZ32を出せばスーパーカーやフルチューン車以外は正直相手じゃない。
アルファードとかでアクセルベタ踏み運転しようが5秒もあれば絶望を感じるくらい性能の違いを痛感させる事ができる。
最近の車とうちのZ32が違うのはMTで多板クラッチの操作がある分、乗り手を選ぶとこくらい。

でもコーナリングが速いのは、ただエンジンの性能が高いだけでは無理だと最近痛感しています。

勤務地から自宅に帰る時間が深夜になるんですが、これまたやんちゃな車が飛ばすのなんの。
ついでにタクシーも当たり前のように踏みまくって80~100km/hで名古屋市内を走行している。

もう皆が皆「自分が1番だ」と言わんばかりにアクセルを踏んで踏んで踏みまくる。
とりあえずベタ踏みして「俺は速い」と陶酔しきった運転であることが見て取れます。
だいたい大抵のドライバーが見切り発車して自分の運転が上手くて速いと勘違いしてる。それフライングだから。
速いとかの前に競技なら反則だから。赤信号無視してるのと一緒だから。

で、自分は警察に捕まりたくないのでその後ろをついて行くんですが、
どんなに頑張って飛ばしていた車も、道なりに曲がらされるコーナーを一つ抜けると絶対に自分の後ろにいる訳です。
重心が低く、軽量なトゥデイは100km/hでもコーナーを軽く抜けられるのに対し、
そこいらのヘンテコボックスやらワゴンRは、直線ほど威勢が良くない。

あれは多分相当に悔しいと思う。
ベタ踏みして飛ばしていて縮めたと信じていた時間が一瞬で嘘=無駄になるわけだから。
つまりドライバーに腕があるわけでもなんでもなく、車の直進性能だけの速さってだけですから…。
頭の良いドライバーなら、スピードを落とさずにコーナーに進入して、一瞬で曲がっていくトゥデイの後ろ姿を見たら
もう馬鹿馬鹿しくて飛ばすのを止めたくなると思います。
自分が逆の立場でもそう思うかと。
「曲がる」に関しては生まれ持ったポテンシャルの違いが歴然ですから。

このちょっとした勤務地との往復時にただ直線飛ばすだけの車にコーナーで追いつけないほどの差をつけるのが
退屈な時間を凌ぐ良い暇つぶしになっています。
どれだけ年をとってもやっぱり車が好きなんだなぁと実感できています。

Z32:ブレーキランプが点かなくなる

Z32のブレーキランプが点かなくなりました。

私のZ32も生産から27年。色々なところが壊れていてもおかしくない年式です。
大学の頃から乗り始めてもう14年目になるので、そりゃ壊れますね。

で、問題の点。

一昨日半田市に遊びに行った帰りに、ブレーキを踏んだところLIGHTSという、
今まで一度も見た事のないインジケーターが点灯しました。

ブレーキペダルに連動で光るのでまさかなとは思いましたが、
そのまさかでブレーキランプが不点灯。

とりあえず玉切れとヒューズでない事だけ確認し、構造的にLIGHTSインジケーターが点灯しているので
ブレーキスイッチでもなさそう。

という事は、玉切れ警告のセンサーが故障したのかな?とここまでで約1日。
とりあえず部品を取り外しました。

ちなみに正式名称はストップランプセンサー。


右側のテールランプのトリムを開けたとの左端についてます。
これは外した状態。本来は画像に映っているコネクタがセンサーにささっています。


さて、これを持っていつもお世話になっているショップに発注に行ったところ、
7580円(税別)!!しかもバックオーダーで納期1か月!!
でも頼まないわけにはいかないので発注しました。

しかしブレーキランプが点かない=乗れないという事。
果たして耐えれるのか??
否!!耐えれない!!

というわけで分解開始。

コネクタ側の爪を精密ドライバーでこじ開けてプラスチックの蓋?を引っ張り出すと
すんなり中身が出てきます。

基盤チェックすると…

上から2番目のはんだが剥離してるのが分かりました。
物凄く小さいので隙間が開いてるのが見にくいですが、完全に割れて接触していない状態です。

ここで登場、はんだごて!!

今までこんな事やった事ないけど、最近勇気が出てきたのか結構横着です。
このはんだごては1080円の格安品!!
いいんです、プロじゃないから道具なんて何でもOK!!

無事くっ付きました。

イモはんだと言われようが、勇気を出して実行して直したモン勝ちです。

組みつけてブレーキランプを固定して確認したところ、LIGHTSインジケーターは消灯し、
ブレーキランプは無事復活しました。
1080円で直ってしまった!!

発注しているセンサーは届いたら予備として持っておく事にします。
こんな人気のなさそうな部品でもバックオーダーって事は、もうZ32の部品はほぼ出るか出ないかわからない状態って事なので。

しかし何とか直って良かった!
手間のかかる車だけど、最近タマ数が異常に少なくなって貴重な車なのでなんとか維持し続けたいですね。

MUGENキャラ再公開 ガルーダ2001

ガルーダ2001 ver.1.0 from バハムートラグーン



風を操る伝説のドラゴンです。(ホントにドラゴンなのか?)↑
スクウェアの感動作?バハムートラグーンより、ガルーダです。
かなり特殊なキャラなのでボスにどうぞ。無理矢理制御なのでバグがあるかも…。
時限式LvUPシステム搭載です。時間が経てば経つほど無茶苦茶強くなります。

ガルーダ2001 ver1.0

※このキャラはinfoseek時代に作成したキャラの再公開となります。

露店の物価

先日、隣の市で行われた花火大会に行ってきました。

花火大会といえば露店!
色とりどりの店が路上に並ぶその様は、夏の賑わいを感じさせます。

しかしこちらは4歳になる子連れ。
そんな露店は子供には物欲を刺激してくるものでしかないわけです。

そんなこんなしているうちに、
どこのお祭りでもありそうなお面屋の前で娘の足が止まりました。

「あれが欲しい!!あれがいい!!」

指さす先は、なんだか最近子供の中で流行りの
「小さなプリンセス ソフィア」のお面。

ディズニー感がプンプンと漂ってくる、男からすると馴染みのあまりないアメリカン臭漂う
微妙に可愛いか可愛くないか判断しづらいお姫様のお面です。

とりあえず娘はその場に鎮座して動かないので人込みの中で放置するわけにもいかず…。
1つだけお面を購入する事に。

しかしショッピングモールの中とかなら放置してどこかへ行って、
娘が親が居なくなった事に気づいて探しに来たとこを捕獲!!と出来るんですが、
露店は外でさらに人込みに紛れたら、と思うとそれもできない。上手い商売です。

さて、そのお面を売ってた露店なんですが…。
困った事に値段が書いてありません。
まあでも塩ビの成型と色付くらいだし、外で作って原価50円くらいとして、まあ良く行って500円だろうと。
そう思ってナメてました。

しかし!!

値段も聞かずに露店のおばちゃんに「これください!」と言ったその刹那。

「1000円」

は?
この塩ビ製品が1000円だって!?
100均でも売ってそうな感じのブツだぞ??

まあ聞き間違いだろうと思って1000円札渡したらそのままポケットにIN。
本当に1000円なんかい…。

娘は上機嫌だが、変なものを1000円で買わされたこっちは何ともモヤモヤした気分になったのでした。

帰ってネットで調べたら、6個売りで税抜2000円弱で売ってる。普通の小売価格で一個当たり330円。
祭という場所が330円を1000円の価値に上げるわけですね。
そりゃアンパンマンミュージアムの飲食で暴利貪れるわけだ。

子供は楽しいだろうけど、露店の前はよそ見させて通り過ぎさせようと思った出来事でした。
逆に商売やるならやっぱり露店はボロいと思います。
プロフィール

yuki

Author:yuki
多趣味な管理人が適当に気になる事を綴っていくまとまりのないブログです。

来訪者数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR